牛島神社での展示台

墨田モノコト市が牛島神社で開催されました。年々、出展者が多くなり賑わう会場です。10月は連続3回、雨でフリマが流れてしまい、牛島神社でやっと好天に恵まれました。やはり神様の力は強いものがあります。2m幅のブースに1.4m幅の什器で展開しました。売上は私の平均値というところです。
DSC_0029 牛島展示.jpg

また、小型の百人一首

小型の百人一首を作り続けています。今、50冊ほどの手持ちがありますが、10月、11月は大型のフリマが続くので、もう少し作り溜めようと考えています。豆本の製本では、4冊を並行して作っています。一冊ずつ作るより時間短縮できるからです。10冊とか20冊を同時に作っても良いのですが、同じ作業が続くと飽きてしまうので4冊方式にしました。月間100冊、日産4冊が適量です。
DSC07061.JPG

自著のまめ本

自著の豆本を追加製本しました。サイズは右上に置いたタバコの箱と比べて下さい。今回は金色の紙を背に使いましたが、華やかな印象となりました。金色は赤系統の色と相性が良いようです。赤と金色と言いますと、派手目なイメージですが、豆本の場合は色調も売れ行きに関連します。幾種類か作って並べて置くと、先に売れて行くのは華やかなイメージの装丁本なのです。
DSC07053.JPG

これからのフリマ出展予定

DSC07012.JPG

11月 9日 土曜日 目黒区消費生活展・・・・・目黒駅 5~7分
11月10日 日曜日 相模大野アートクラフトフェア・・・コリドー会場 37番ブース
11月17日 日曜日 大田区 池上本門寺のフリマ
11月24日 日曜日 文学フリマ・・・モノレール流通センター駅前 ツ―06番ブース

小型の百人一首

雨でフリマが中止になったため、小型サイズの百人一首の在庫が増えました。フリマに出ないので手持ちが減らない、雨なので自宅で手作りに励む、結果として在庫は増え続けました。小型サイズの百人一首は、もっと在庫があります。フリマでは一日に10冊、15冊と売れますので、幾らあっても足りないのです。
左上にサイズ比較用のタバコの箱を置きました。全て手のひらサイズ以下です。これよりワンサイズ大きな百人一首も相当数溜まりました。
DSC07045.JPG