テーマ:フリマ

牛島神社での展示台

墨田モノコト市が牛島神社で開催されました。年々、出展者が多くなり賑わう会場です。10月は連続3回、雨でフリマが流れてしまい、牛島神社でやっと好天に恵まれました。やはり神様の力は強いものがあります。2m幅のブースに1.4m幅の什器で展開しました。売上は私の平均値というところです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、小型の百人一首

小型の百人一首を作り続けています。今、50冊ほどの手持ちがありますが、10月、11月は大型のフリマが続くので、もう少し作り溜めようと考えています。豆本の製本では、4冊を並行して作っています。一冊ずつ作るより時間短縮できるからです。10冊とか20冊を同時に作っても良いのですが、同じ作業が続くと飽きてしまうので4冊方式にしました。月間100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自著のまめ本

自著の豆本を追加製本しました。サイズは右上に置いたタバコの箱と比べて下さい。今回は金色の紙を背に使いましたが、華やかな印象となりました。金色は赤系統の色と相性が良いようです。赤と金色と言いますと、派手目なイメージですが、豆本の場合は色調も売れ行きに関連します。幾種類か作って並べて置くと、先に売れて行くのは華やかなイメージの装丁本なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからのフリマ出展予定

11月 9日 土曜日 目黒区消費生活展・・・・・目黒駅 5~7分 11月10日 日曜日 相模大野アートクラフトフェア・・・コリドー会場 37番ブース 11月17日 日曜日 大田区 池上本門寺のフリマ 11月24日 日曜日 文学フリマ・・・モノレール流通センター駅前 ツ―06番ブース
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百人一首 クラシックデザイン

手のひらサイズの百人一首を製作しました。このタイプがフリマでは一番良く動き、多めに在庫していても問題ありません。今回は四隅に補強紙を入れたクラシックタイプに仕上げました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリマの補助什器

フリーマーケットで豆本を展示する、補助什器を作りました。持ち運びケースに収まるよう、サイズを調整しました。 この補助什器は、楽譜スタンドに乗せて使う予定です。ブースに余裕が有り、なおかつ強い風が吹かない場所での活用を狙っています。ご覧の通り、14冊の展示スペースがあります。豆本以外にも、ジャバラメモを並べることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万葉集の増産

新元号の出展となった万葉集が、一気に注目されました。我がフリマでも、持っていった分が、たちどころに売れてしまいます。先日の相模大野では、開店1時間で5冊を売り切りました。万葉集が売れそうだと分かってはいたのですが、手持ちが5冊しか無かったのです。慌てて増産に励んでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ百人一首

春のフリマに向けて、百人一首を増産しています。今はミニタイプに注力しています。取り敢えず14冊を仕上げました。一回のフリマで5~8冊ほど売れますので、これで2回分ということです。 本のサイズは75×43㎜、手のひらサイズとなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシックデザインの百人一首

ネットで古い本の画像を見ていて、クラシック調の表紙デザインが目に留まりました。表紙の角に色違いの補強紙(?)を貼った古典版です。通常の作り方をして、最後にアクセント的に角を付けるだなので゙、作るのに手間は掛かりません。 柄は無いほうが良いのではないかと思い、赤と黒、色違いを作ってみました。 作ってみて分かったのは、やはり背を黒、表紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆本 枕草子

新年の作り初めに、枕草子を選びました。初めての制作です。サイズは100×50×20mm、分厚い細長タイプです。 枕草子は多くの段がありますが、その中から良く知られた段を選び出しました。あれやこれや迷っているうちに、ページ数が増えてしまいました。結果、有名な段は納められたと思っています。 この豆本は、手持ちの中で一番厚い一冊と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

75×46㎜の百人一首

ミニサイズの百人一首を作り溜めしています。11月に文学フリマへ出店しますので、そのためのストックです。このフリマは文字通り同人誌や俳句、短歌の会などが出店する大規模なフリマで、百人一首は毎年、相当数が出るのです。 サイズは75×46㎜、このサイズは、縦横比が一番美しい長方形の寸法に近づけました。ハードカバー、特製本仕上げで、フリマの目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラメモ

ジャバラメモを作りだめしています。この箱で、ちょうど100冊。フリマでは2、3回分の販売量です。売価100円という激安価格なので、購入の数量制限をかける程の人気となっている商品です。 厚紙と画用紙で作りますが、1時間に4冊、紙の材料原価は約10円、一冊の販売で90円の粗利となりますので、何と私の時間給は90円×4冊=360円ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

般若心経

目下、般若心経を作りだめしています。これまでの経験では、仏教系らしい地味なデザインより、華やかな柄のものが好まれます。話題作り用に試作した「パンダ模様の般若心経」が、売れ筋の上位に来ているのは驚きです。左から2番目がパンダ模様です。お客様には、「こちらはパンダ心経です」と説明すると、皆、笑い出します。 サイズは縦11㎝、横4.5㎝です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーマーケットの展示

フリマの展示什器に、微改造を行いました。一番奥に30㎝幅の板を立て、そこへ2段の陳列スペースを設けたのが主な改造点です。豆本が立体的になり、見やすさが改善されたようです。向かって右側に「せり出し台」を作り、ここにはジャバラメモを置く予定です。 改善のポイントは軽量化です。これまでジャバラメモは楽譜スタンドを利用していましたが、今回の改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切り取り式のメモ

ジャバラ式のメモは、使うのがもったいない(!)という人が多いので、簡単に使えるメモを加えました。切り取り式で、30枚のメモが入っています。サイズは91×52㎜。端数が出ていますが、これはA4の用紙を12分割したサイズで、全く無駄が出ません。和紙の表紙は一面だけなので、コストが安くつくのもメリットです。 ホチキス留めでもいいのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌写真の利用

ジャバラメモの表紙に、和紙の代わりに雑誌の写真を使ってみました。 和紙には無い感覚の色使いなので、これまでとは印象の違うメモに仕上がりました。 雑誌写真の利点は、切り抜くと思いがけないデザイン効果が現れることです。 本のページとは違った印象になるので、出来上がるたびに新鮮な驚きが生まれます。 このジャバラメモのサイズは、91…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニサイズの般若心経

フリマでは、般若心経が根強い売れ行きを見せます。これまでの経験では、般若心経がでる会場では、他の豆本も売れるということも分かりました。般若心経は、全体売れ行きのバロメーターとなります。 今回、お客様の要望を入れて、ミニサイズの般若心経を作りました。9×4cmで、ケース入りです。ハンドバッグの中に入れて持ち歩くという前提で、極小サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリマの展示

千葉市のパラソルギャラリーに出店しました。当日は快晴・微風で、最高のフリマ日和、お陰様で大勢の方に買い上げて頂きました。この会場は年1回の開催で、私は3回目の出店です。以前に豆本を買った方が複数来店して下さいました。その後、接着の不良などはありませんかと尋ねましたが、問題はないようなので一安心というところです。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いだすメモ帖

ちょっとしたメモを書いて、切り取れるタイプのメモ帖ですが、これにちょっとした仕掛けを施しました。その理由を説明しますと、皆、例外なく笑いだします。いわばフリーマーケットの「ジョーク商品」で、この笑いが思いがけない効果を発揮するのです。ともあれ写真をご覧ください。 メモ帖は、五角形に切り取りました。表紙をめくると、裏側の4枚の紙切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切手サイズの百人一首

大崎のフリマに、小型サイズの豆本を持参しました。客寄せのつもりだったのですが、意外なことに買い求める方が多く、4冊のうち3冊が売れました。 そこで考えたのが「柳の下のドジョウ」作戦です。切手サイズの百人一首を作り、専用の展示什器と一緒に定番化しようという訳です。 この百人一首は、4×2.5㎝のサイズです。もっと小さいものも作れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリマの展示什器

フリーマーケットで商品を展示する什器を作りました。 写真パネルを利用した手づくりです。二枚のパネルを蝶つがいで留め、キャンプ用のスタンドに載せる方式です。サイズは2枚合わせて幅130㎝、奥行53㎝で、内側にフェルトを貼り、取っ手を付けました。 制作時に配慮したのは、如何に軽くするかという一点です。これまでのケース式の什器では、留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラメモ

和紙の残り紙を使って、名刺と同じサイズのジャバラメモを作っています。 これがフリーマーケットでは好評、売り切れ続出です。 理由は簡単、100円と安いからです。 いまどき、ワンコインで買える商品はありません。 100円ショップでも、108円なのですからお客様は大喜びです。 買った方から、「綺麗なんで、書くのがもったいない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文字の大きい般若心経

フリーマーケットに出ていますと、ミニ本タイプの般若心経が良く売れます。 買われる方は概ね50~60代の女性で、中には家族の方用にと複数買われる方もいます。 面白いのは選び方で、仏教らしからぬ奇抜なデザインのものが好まれるのです。 パンダの模様をあしらったもの、猫をデザインしたものなど、最初は話題作り用に作ったのですが、 今は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモカード入れ

ある人から、名刺が入るようなケースを作れないか、と依頼を受けました。 本のような綴じるタイプはできますが、箱タイプは初めてです。 試行錯誤し、厚紙に和紙を貼り付けたカードケースを作り上げました。 名刺が10枚入る程度の厚さですので、バッグの中で邪魔になりません。 名刺は91mm×55mmが標準サイズですので、ケースはそれより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリマの展示什器

フリーマーケットで使う展示器具は、色々な制約があります。  1.持ち運びに便利な、小型軽量    2.組み立て、撤収が容易  3.商品を引き立てる  4.比較的、安い価格でできる 他にもありますが、色々な条件を全て満たす什器は中々ありません。 市販品は無いので、自分で手作りしていますが、ここに挙げた什器は優れものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万葉集を作りました

フリーマーケットに出店していますと、百人一首を買った方から、「万葉集は無いの?」と 聞かれることがしばしばです。 以前から作ろうと思っていたのですが、なにしろ15巻もある中からの選択ですので、 載せる歌を選び出すのが大変です。 期間は掛かりましたが独断で75首を選び、何とか豆本に仕上げました。 サイズは71mm×50mmです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーマーケットの新什器

千葉市のパラソルギャラリーに出店しました。 天気にも恵まれ、良い販売成績を上げられました。 今回、漆塗りの弁当箱の販売什器を初めて使いましたが、中々具合が良いです。 中の豆本が映えて、立ち止まる人が大勢いました。 問題なのは、販売用の豆本を直に触る人がいることです。 目の前に、「立ち読み用」とPOPをつけて、立ち読み用の本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁当箱に詰めた豆本

骨董市で、花見用の弁当箱を買いました。 木製で漆塗りの年代物です。お揃いの5個、一括購入で意外と安く買えました。 この弁当箱、実は豆本の展示用として使う予定です。 フリーマーケットでぎっしり詰めて展示したらどうなるか、今から楽しみです。 近々のフリーマーケットへの出店予定は、   10月 2日(水曜日) JR 大崎駅前(大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーマーケットの展示状況

最近、フリーマーケットで作品を販売しています。 古着や不用品を扱うフリマではなく、手作り品限定のフリマへの出店です。 ネットで販売するよりも、お客様の反応が直に確かめられるのが楽しみです。 お話を伺う中で、次の作品へのヒントを頂くことも少なくありません。 最近では「常連さん」も出来ました。 お買い上げた方から、別途追加注文を頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百人一首、増産

先日作成した百人一首の豆本を、フリーマーケットで販売しました。 好評を頂き、残りが少なくなったので増産しています。 ただ、同じ表紙デザインではつまらないので、全て違う外観です。 左手前は、更に小さくしたもので、内容は同じです。 右側の文庫本と比べますと、大きさの見当が付くでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more