テーマ:手作り

フリマの展示什器

フリーマーケットで商品を展示する什器を作りました。 写真パネルを利用した手づくりです。二枚のパネルを蝶つがいで留め、キャンプ用のスタンドに載せる方式です。サイズは2枚合わせて幅130㎝、奥行53㎝で、内側にフェルトを貼り、取っ手を付けました。 制作時に配慮したのは、如何に軽くするかという一点です。これまでのケース式の什器では、留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆本の日本国憲法

憲法記念日に、日本国憲法の豆本を制作しました。103条の全条文を収めたものを、6冊、並行して仕上げました。制作時間は5時間弱です。 豆本の奥付に、制作年月日を入れておりますが、私は暦の「大安」の日を選んで記載しています。厳密な制作日とは幾分ずれますが、ま、その辺りは縁起の良い日ということで、おおめに見て頂きましょう。 本のサイズは9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法のサイズアップ

憲法記念日が近づきました。そこで、新しいサイズに挑戦しました。 今までの標準サイズは、75×56㎜でしたが、新しい版では95×62㎜にサイズアップしています。 文字が小さすぎるという方も、これならご満足頂けるでしょう。六法全書の文字は、これより小さなものが少なくないのです。 左側の4冊が新サイズです。この4冊は、同時並行で作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変形メモ帳

超・縦長のメモ帳を作りました。縦14.6㎝、横5.5㎝という変型判です。 手のひらに収まり、俳句や短歌のメモ用として使うことをイメージしました。中紙は50枚、100ページの分量ですから、かなりの原稿をおさめられます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーマーケットの展示状況

最近、フリーマーケットで作品を販売しています。 古着や不用品を扱うフリマではなく、手作り品限定のフリマへの出店です。 ネットで販売するよりも、お客様の反応が直に確かめられるのが楽しみです。 お話を伺う中で、次の作品へのヒントを頂くことも少なくありません。 最近では「常連さん」も出来ました。 お買い上げた方から、別途追加注文を頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラノートを作りました。

知り合いから頼まれて、ジャバラ式のノートを作りました。 お経などで見たことのある、折りたたみ式のものです。 作りが良く分からなかったため、集印帳を扱っている店へ行き、 その細部を観察し、同じように作ってみたものです。 折り目に段差を無くす部分が面倒でしたが、思いのほか簡単に出来上がりました。 知り合いは外人へのお土産にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハードカバー仕様のブックカバー

しばらくぶりでブックカバーを制作しました。 素材は和紙ですが、モダーンな感覚のデザインです。 色はゴールド(くちなし色)で、「金ぴか」カラーではありません。 サイズは文庫本用で、中で本が動かないよう、きつめに作りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商品カルタ

スーパーで売られている食品の写真が溜まっていました。 これは仕事関連のもので、報告書に沿える資料として使ったものです。 これをカルタと同じ位のサイズに切り揃え、同じものを2枚用意しました。 裏返しに並べて、「神経衰弱」カルタの出来上がりです。 商品には数字が書かれており、ロングライフ商品ほど高い数値となります。 テーブル一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル豆本、出揃いました

ご注文を受けて制作しておりました豆本が出揃いました。 日本昔話シリーズ、いろはシリーズ、創作童話等などです。 日本昔話は、通常の場面で終わる話の続き部分を創作したものです。 例えば、背が伸びた一寸法師は結婚、舌きり雀のお爺さんとお婆さんは熟年離婚、 桃太郎は鬼から分捕った宝物を没収されるといった具合です。 多くはパロデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コインサイズの変型豆本

豆本の世界は、マニアの世界とも言えますが、今回は変型豆本を登場させました。 小さいながらもハードカバー仕様、中に文字もきちんと印刷されておます。 大きさが分かるよう、隣に100円硬貨を置いて撮影しましています。 この豆本を、先ほどヤフーオークションに出品しました。 オークションの締切日は3日後の21日。さて買い手はつくでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆本サイズの手作りメモ帳

73×41㎜サイズの、ミニメモを作りました。 小さなサイズですが、素材と作りは豪華です。 表紙⇒寿の文字をデザインした高級和紙、背⇒金色の筋入り 中紙⇒千年和紙を袋折り、花ぎれ、しおり紐付き 金色を多く使って、金ぴかイメージですが、実物は違います。 落ち着いた金色で、上品でエレガントな雰囲気に仕上がりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100円硬貨内に収まる豆本

今時点で一番小さなサイズの豆本です。 大きさが分かるよう、100円硬貨の上に載せて撮影しました。 サイズは15×11㎜、18ページです。 ミニサイズですが、単行本と全く同じ作りのハードカバーです。 この豆本は、ヤフーオークションに出品しています。既に応札がありましたので、販売が確実です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制作した豆本の一部

豆本をヤフーオークションに出品しています。 この中の幾つかは、今、オークション中です。 写真の中央に万年筆を2本置きましたので、およそのサイズが分かるでしょう。 作りためようと思うのですが、オークションにかけると残らず買い手が付くので手持ちが増えません。 ヤフーオークションの、「豆本」で検索、sen116shiftの名前で出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一番小さなサイズの豆本

豆本でも、文字が読めないのでは仕方がありませんが、 どこまで小さく作れるか、試しにトライしてみました。 これは、今のところ一番小さなサイズです。 一円硬貨を隣に置いて、ルーペ越しに撮影しました。 和紙の「ケバ」部分がクローズアップされてるのが見えます。 一円硬貨の直径は20㎜ですので、この本のサイズが分かるでしょう。 ミニサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の追憶を書きしるした豆本

我が家で猫を飼っていました。アメリカンショートヘアの雑種、雄猫です。 亡くなってしばらく経ちますが、何故か夢にも出てきません。 同じような毛並みの猫を見るたび、在りし日の姿や鳴き声を思い浮かべるのですが、 それをまとめて一冊の豆本に仕上げようと思い立ちました。 出来上がりのサイズは95×68㎜、34ページです。 あんなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆本作りのツール

以前、ノートを作るための道具をご案内しましたが、今回は豆本作る道具です。 共通して使えるものも多いのですが、精密作業故の特殊なものもあります。 何に使うか、分かりにくそうなものをご案内しましょう。 左側から、接着剤をつける筆。  中紙の背を毛羽立たせるためのミニのこぎり。 毛羽立たせることで、接着剤が着きや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙用の筆記具、竹ペン

絵手紙を書く方は、筆記具に工夫を凝らしていると聞きました。 ある方は割り箸を削り、それにインクを付けて書いているということです。 せっかくの作品に、ボールペン文字では味気ないということなのでしょう。 そこで、絵手紙文字用の竹ペンを作りました。 古い竹を叩いて柔らかにして、先端を尖らせました。 インクを付けますと、割れた部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more