アクセスカウンタ

手づくり豆本

プロフィール

ブログ名
手づくり豆本
ブログ紹介
和紙を素材にした豆本の作品をご案内します。一冊一冊、全て手作りとなりますので、世界に一冊しか無い特製本です。
作品はフリーマーケットでも販売していますので、一度、実物をお手に取ってご覧ください。青空個展というフリーマーケットや、大崎駅のクラフトマーケット等に出ています。(出展予定は、このブログの記事として案内しています)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ペン習字作品の製本
ペン習字作品の製本 ペン習字の作品を製本しました。バラバラで保存するよりも、本にすると見栄えがします。 使っている紙は高級紙なのですが、薄くいので揃えるのに注意がいりました。それでも何とかハードカバースタイルに仕上げています。 まだタイトル(百人一首)は入れておりません。作品を書いた方がご自分で表題を書き、貼り付けるようにしたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 11:45
百人一首
百人一首 百人一首の簡略番を作りました。簡略番とはいえ、100首、すべて納めています。 簡略したのは、表題を「窓開け」から「貼付け」へ、1ページの歌数を6首に変えました。ページ数が少なくなって製本がし難いので、中紙を和紙から画用紙に変えて厚みを増やしました。かっちりした見栄えになったと思います。表紙の和紙はこれまでの残り紙をパッチワーク風に繋ぎ合わせてみました。 本のサイズは、97×63×12oです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 10:03
これからの出展予定
これからの出展予定 これから出展予定のフリマです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 09:34
文庫本の装丁
文庫本の装丁 愛読している文庫本の表紙が汚れてきたので、装丁をし直しました。この文庫本の発行は平成元年5月、購入以来、29年が経ったことになります。 本の「こぐち」にシミが付き、表紙の端が丸くなっていましたので、表側を全取り替えの補修を加えました。 まず表紙を取り除き、見返し紙を新たに加え、上下に花切れをつけました。文庫本からハードカバーへの変身です。汚れていたこぐち、3面を1oずつ切り落としましたので、見た目は新本です。しおり紐を2本付けてみました。単行本では見られない特別仕上げです。表題を窓開けし、古... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/08 21:30
小型メモ
小型メモ 小型メモの種類が増えました。ジャバラ方式と切り取り方式で、サイズはバラバラです。 今の季節、受験生専用というメモが笑いを誘います。普通のメモの一片を切り取り、角を5ヶ所にしました。つまり、角が五つ、五角、五角・・・合格という洒落です。表紙を開くと、4枚の小さな紙が貼ってあります。4枚の四角い紙、4ます・・・・します。この謎解きは、このメモを使うと「合格します!」 という縁起ものです。受験生のいるご家庭、知り合いに受験生の居る方は、ほぼ全員が買っていかれます。なにしろ100円と安いのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 20:31
般若心経
般若心経 ミニサイズの般若心経をラインナップしました。文字の大きいのが欲しいという方がいる反面、バッグに入る、もっと小さいのを、という要望に応えたものです。これで般若心経のサイズは3種類となりました。 一番小さなサイズのものは、和紙で輪を作り、バッグの中でも開かないよう工夫を加えております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/20 20:21
年賀状用の撮影
年賀状用の撮影 毎年、年賀状には豆本の写真を使っています。今年も年賀状用の写真を撮影しました。 電気スタンド、作業用の照明、二つのライティングで立体的になったような気がします。 赤いフェルトをバックにして、酉年なのでガラスのペーパーウェイトをあしらいました。 大きさが分かるように、腕時計と万年筆を添えています。 2017年元旦、という文字をパソコンで打ち出し、何とか正月らしい雰囲気になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 20:48
まめほん作りの道具類
まめほん作りの道具類 豆本を作る道具類をまとめてみました。専用の工具として売られているものはないので、すべて他の応用、あるいは使いやすいように手作りしたものです。 机の前にそれぞれが収まるような横穴ポケットを作り、そこに収納しています。 一番使用頻度が高いのは、カッターナイフと定規、それとページの揃いを確認するルーペ、ピンセットです。また、ハサミも良く使いますが、切る場所によって先端の細さが違いますので、幾本か使い分けるようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/22 23:17
まめほんの函
まめほんの函 函入り豆本を作っていますが、高級タイプを求める方もあり、そこそこの売れ行きです。小型ながら函入りハードカバーというのは珍しいのでしょう。 函の材質はヒノキとバルサ材です。薄い木材なので、カッターナイフで細工ができます。おおよそ厚紙と同じような感覚で扱えますので、大分作り慣れました。 ここにあるのは作ったばかりの函です。これから紙やすりをかけて表面を滑らかにし、塗料を塗り、表題を貼り付けて完成させます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/22 20:49
ジャバラメモ
ジャバラメモ ジャバラメモを作りだめしています。この箱で、ちょうど100冊。フリマでは2、3回分の販売量です。売価100円という激安価格なので、購入の数量制限をかける程の人気となっている商品です。 厚紙と画用紙で作りますが、1時間に4冊、紙の材料原価は約10円、一冊の販売で90円の粗利となりますので、何と私の時間給は90円×4冊=360円ということになります。 最低賃金には遠く及びませんが、ま、家庭内の内職は、こんなものでしょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 20:28
文学フリマ用の豆本
文学フリマ用の豆本 来週、11月23日に開催される文学フリマ用の豆本群です。昨年までの経験からすると、相当多めに用意しないと売り切れてしまいます。 この会場では、小さめのミニサイズを中心に品揃えする予定です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 20:22
般若心経
般若心経 目下、般若心経を作りだめしています。これまでの経験では、仏教系らしい地味なデザインより、華やかな柄のものが好まれます。話題作り用に試作した「パンダ模様の般若心経」が、売れ筋の上位に来ているのは驚きです。左から2番目がパンダ模様です。お客様には、「こちらはパンダ心経です」と説明すると、皆、笑い出します。 サイズは縦11p、横4.5pです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 23:14
製作途中の豆本
製作途中の豆本 製作中の豆本です。タイトルは「啄木百首」。「一握の砂」歌集の中から、好きな短歌を100首選び出しました。 これは本文を接着し、栞ヒモと花切れを付けた段階です。何やら下着姿のようで艶めかしい外観です。 これから表紙と合わせて一冊の本に仕上げます。 今回は6冊を並行して作っていますが、通常は4冊並行です。 サイズは上の100円玉と比べてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/26 23:25
フリーマーケットの展示
フリーマーケットの展示 フリマの展示什器に、微改造を行いました。一番奥に30p幅の板を立て、そこへ2段の陳列スペースを設けたのが主な改造点です。豆本が立体的になり、見やすさが改善されたようです。向かって右側に「せり出し台」を作り、ここにはジャバラメモを置く予定です。 改善のポイントは軽量化です。これまでジャバラメモは楽譜スタンドを利用していましたが、今回の改造で重量が4分の1になり、展示スペースは5割増しとなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/25 16:02
百人一首の新デザイン
百人一首の新デザイン 百人一首のデザインを一新してみました。和紙スタイルからモダーンなイメージへの変身です。 実は、同じスタイルの般若心経も作っていますが、意外と好評なのです。   (サイズは107×67o、万年筆と比べてください) お経だからお寺風の地味なもの、古典の百人一首だから伝統柄というのは、フリーマーケット では通用しないようです。文学フリマに持って行き、本好きの方の反応を見たいと思っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/09 00:08
切手サイズの豆本
切手サイズの豆本 このところ、小型サイズの豆本を作っておりませんでした。 フリマで要望の多い、名刺サイズに偏り、それ以下のサイズがまったく無くなってしまいました。 そこで気分一新、切手サイズの豆本を作りました。小さな本も作っていないと、腕が落ちる(?)かも知れないと危惧したからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/06 23:13
切り取り式のメモ
切り取り式のメモ ジャバラ式のメモは、使うのがもったいない(!)という人が多いので、簡単に使えるメモを加えました。切り取り式で、30枚のメモが入っています。サイズは91×52o。端数が出ていますが、これはA4の用紙を12分割したサイズで、全く無駄が出ません。和紙の表紙は一面だけなので、コストが安くつくのもメリットです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/30 21:13
マーケティング童話
マーケティング童話 自作童話の豆本を作りました。「松男君のタイ焼き」というタイトルです。かなり前からフリマで販売していますが、少ないながら確実に売れる一冊です。発達障害というハンディを持った松男君が、タイ焼き屋を始めるという話ですが、内容は子供向けではありません。大人向け、それもビジネスの第一線に立つマーケティング関係者向けの本なのです。読者の方から、深く考えさせられた、との感想を頂いたこともあります。私は「マーケティング童話」という新分類に括っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 11:01
豆本の函
豆本の函 豆本の函を作りました。単行本の中で、ハードカバー、特製本が収められている函です。 一般の本函は厚紙製ですが、今回はバルサ材を使いました。杉や檜に比べると強度は落ちますが、軽いという特性があります。 木工ボンドで接着できますので、意外と簡単に出来上がりました。 外側に艶消し黒塗装をしたものと、透明ラッカー塗りの2タイプです。函の内側に花押と印を押した和紙を貼り付けました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/13 14:12
書道クラブの製本
書道クラブの製本 書道クラブの方の清書本が出来上がりました。今回は毛筆が1冊、ペン習字が3冊です。 清書の製本は、何冊も作りましたが、その度に緊張します。なにしろ、やり直しの効かない、一回勝負だからです。端の部分を切り落とす時は、何度も寸法を確認し、念を入れて刃物を入れます。今回も無事に仕上がりました。乾燥の後、届けます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/11 16:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

手づくり豆本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる