お詫び

ブログをお読み頂き、ありがとうございます。 このブログが新スタイルに変わる際、手違いで画像を全部、喪失してしまいました。 あれこれ試してはいるのですが、元へ戻りません。 これまでの写真画像は表示できませんので、ご了承頂きたく、よろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの出展予定

これから出展予定のフリマです。 7月14日(日曜日)鬼子母神 手創り市 鬼子母神のフリマに出ることになりました。ブース番号は142、本堂右手の坂のあたりです。この場所は以前にも割り当てられた記憶があります。通路より少し高くなっているので、通常の展示スタンドでは高すぎるのです。どうするか、思案中です。 7月27日(土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリマの補助什器

フリーマーケットで豆本を展示する、補助什器を作りました。持ち運びケースに収まるよう、サイズを調整しました。 この補助什器は、楽譜スタンドに乗せて使う予定です。ブースによゆうが有り、なおかつ強い風が吹かない場所での活用を狙っています。ご覧の通り、14冊の展示スペースがあります。豆本以外にも、ジャバラメモを並べることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書道作品の製本

書道作品が送られてきました。これから製本に入ります。書道用の和紙は、高級になればなるほど「コシ」が無くなりますので、揃えるのが大変です。しかも豆本と違い、縦が33.5cmもある大判です。慎重に端をカットしてノリ面を作り、接着剤で固めて補強紙を貼り、ハードカバーの表紙を付け、更に保管用の箱に入れるのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌集 4タイトル

古典系の歌集が4冊揃いました。百人一首のサイズが77×49㎜です。 フリマに持っていきますと、それぞれに異なる売れ行きを示しますので、興味深いものがあります。 それぞれの買い手の特性を比較してみましょう。   百人一首・・・一番の売れ筋。最近は小学生の児童も買う。何でも学校で習っているということらしい。   万葉集・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万葉集の増産

新元号の出展となった万葉集が、一気に注目されました。我がフリマでも、持っていった分が、たちどころに売れてしまいます。先日の相模大野では、開店1時間で5冊を売り切りました。万葉集が売れそうだと分かってはいたのですが、手持ちが5冊しか無かったのです。慌てて増産に励んでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱入りの百人一首

最近、百人一首の箱入りが良く売れるようになりました。大きい文字、しおり紐2本付き、特製本仕上げというほかに、木製の箱入りというのが珍しいのでしょう。手持ち豆本の中では一番の高額本なのですが、これが先に売れて行くのです。木製の箱は、作るのに手間がかかります。パーツを切って接着剤で貼り合せ、一日乾燥した後、表面をサンドペーパーで均し、目地止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ百人一首

春のフリマに向けて、百人一首を増産しています。今はミニタイプに注力しています。取り敢えず14冊を仕上げました。一回のフリマで5~8冊ほど売れますので、これで2回分ということです。 本のサイズは75×43㎜、手のひらサイズとなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシックデザインの百人一首

ネットで古い本の画像を見ていて、クラシック調の表紙デザインが目に留まりました。表紙の角に色違いの補強紙(?)を貼った古典版です。通常の作り方をして、最後にアクセント的に角を付けるだなので゙、作るのに手間は掛かりません。 柄は無いほうが良いのではないかと思い、赤と黒、色違いを作ってみました。 作ってみて分かったのは、やはり背を黒、表紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆本 枕草子

新年の作り初めに、枕草子を選びました。初めての制作です。サイズは100×50×20mm、分厚い細長タイプです。 枕草子は多くの段がありますが、その中から良く知られた段を選び出しました。あれやこれや迷っているうちに、ページ数が増えてしまいました。結果、有名な段は納められたと思っています。 この豆本は、手持ちの中で一番厚い一冊と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モダーン柄の百人一首

フリマでは百人一首が良く売れます。最近は学校で習う生徒もいるらしく、小学生の親御さんたちから買い求めて頂くことが少なくありません。仮名をふっていますというのが決め手となるのです。 この間は3,4年前に作ったミニ版の百人一首を、お守り袋に入れて持ち歩いているという方が見えました。例の通り、「不具合があれば、送料こちら持ちで一生、無償で補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラメモ

不思議なもので、このところジャバラメモのご注文を立て続けに頂いております。それはそれで嬉しいのですが、フリマ会場でも相当数が出ますので、なかなか作りだめが効かないのです。この間までせっせと作り、200部以上もストックしたのですが、気が付くと在庫棚が空になってしまいました。25日には文学フリマに出展しますので、ここでも50冊近くは捌ける筈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書道作品を製本

書道作品の製本を依頼されました。書道半紙に書いてありますので、30cmを超える巨大本です。(豆本製本者にとって、文庫本より大きなサイズは全て大型本ということになります。) 和紙は接着性が良い反面、紙の腰が弱いので揃えるのに一苦労です。なんとか紙をなだめながらまとめ、一冊の本にしました。 (右側は保管用のケースです) 文字は「孔子廟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラ憲法

11月8日にアップしたジャバラ憲法が完成しました。全部で30冊です。後方に10冊ずつゴム輪で留め、残りはバラシてあります。 このジャバラ憲法は、前文、第9条、第96条が載っています。憲法改正論議の中心条文だけを抜粋し、いつでも手元に置けるスタイルとしました。六法全書を持ち歩くのは大変ですが、このメモなら簡単です。因みに重さを測ったとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャバラ式憲法 抜粋

ジャバラ式憲法の抜粋に、またご注文を頂きました。今回は30冊です。 ご注文は、出来るだけ明るいデザインで、とのことですので、手持ち和紙の中から明るく華やかなものを選んで装丁したいと思います。 取り敢えず中身の方を完成させました。写真は厚紙に印刷して切り出し、折り込んだ憲法の抜粋です。制作ではこの部分が一番手間が掛かります。折りの作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無地の豆本

無地の豆本を作りました。11×6.5cm、48ページの小型サイズです。 この豆本は、養源寺のフリマに持参します。この会場では、出展者が本を持ち寄り、特設コーナーを設けるらしいので、そこに展示するもので、案内にあった「しおり」も作成しました。本のタイトル、コメント、価格、作家、ブース番号と、代金受領を確認するサイン欄が書いてがあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自著本の専用什器

ふと気が付くと、自著本がかなり揃っていました。そこで考えたのが専用コーナー、フリマで自分の著作コーナーを展開しようという思い付きです。専用コーナーとは言ってもそこはフリマ、34×23cmの箱を作り、これまでの什器の脇にクリップ留めするという簡便なものです。キリ材と厚紙、フェルトで作りました。軽くてかさばらないのが制作の主題です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

般若心経

まとめ注文を受けて、般若心経を増産しています。以前は紐で止めていたのですが、部品が無くなり、販売店にも見つかりません。止めないと開いてしまうので、やむなく厚紙の箱を作りました。 黒い紙ですので、そのままでも構わないのですが、表面に塗装を施しました。ザラツキ目のある仕上げにしましたので、手触りは木材のような感じです。黒色は他の色を引き立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手持ち在庫の減少

本棚の隣に置いた、豆本専用の本棚に隙間が目立ち始めました。これは一部分です。多くあるように見えますが、通常の6割といったところです。昨日、出展した御茶ノ水が思いのほか良く売れ、連続出展した大崎でも相当数がさばけたので、棚に空白が目立つようになりました。 実は10月13日の牛島神社、28日の養源寺も売れそうな会場ですので、これで全く足り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ ジャバラメモ

小型サイズのジャバラメモを試作しました。 これまでのものは名刺サイズでしたが、今度のジャバラメモは更に小さく、64×32mmです。 そのままですと開いてしまうので、押さえ用の紙箱をセットしました。作る手間が3倍かかるのが難点です。 サイズが小さいので、厳密には実用とは言えないのですが、差し支えない範囲の記録メモ、例えば宅配便追跡用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more