切手サイズの百人一首

小型の百人一首を増産しています。秋の大型フリマ向けで、いくらあっても足りません。
ルーペ無しで読めるミニサイズ本は、珍しがられます。
豆本があるとは知っていても、実際に手に取ってページを開いた経験のある方は、意外と少ないのです。
フリマでは念のためルーペを用意しますが、手に取った方は「文字が書いてある!」と驚いてくれます。
DSC07038.JPG

ペン習字作品の製本

ペン習字作品の製本を依頼されました。1頁8行、1行21文字、114ページの大作です。ページにはほとんど余白がありませんので、総文字数は2万文字位あると思います。走り書きではなく、一文字一文字心を籠めておりますので、相当な時間が掛けられていると推察されます。失敗は出来ませんので、無事に仕上がってほっとしました。これから保管用の厚紙カバーを作ります。
この作品は、25.5×18.5cmという大版サイズです。
DSC07035.JPG
DSC07034.JPG

ミニサイズの百人一首

ミニサイズの百人一首を作っています。53×34㎜、名刺の半分以下ですが文字は読めます。この半分のサイズも作っていますが、こちらは視力の良い方向けです。フリマに来る人の95%は、豆本に触るのは初めてという人ではないでしょうか。こんな小さな本があるんだ、と手に取って頂くだけでも嬉しいものがあります。
DSC07032.JPG

フリマ 出店予定

DSC07012.JPG

9月15日 日曜日 鬼子母神 手創り市・・・・・雑司ヶ谷 
9月21日 土曜日 世田谷アートフリマ・・・・・三軒茶屋キャロットタワー4階
9月22日 日曜日 深川美楽市  清澄白河駅近く
10月 6日 日曜日 溝の口クラフトマーケット・・・・・溝の口商店街ドン・キホーテ近く
  ※雨天の場合は20日 日曜日に延期
10月12日 土曜日 御茶ノ水アートピクニック・・・・・JR御茶ノ水駅
10月13日 日曜日 御茶ノ水アートピクニック
10月26日 土曜日 墨田モノコト市・・・・・牛島神社
11月 9日 土曜日 目黒区消費生活展・・・・・目黒駅 5~7分
11月10日 日曜日 相模大野アートクラフトフェア
11月24日 日曜日 文学フリマ・・・・・モノレール流通センター駅前





新デザインの万葉集

先日買った和紙で、万葉集を製本しました。幾何学的な模様ですが、万葉集の雰囲気を出しています。一冊は背を黒から白(正確には銀)に変えてみました。青系の紙は、銀色と良く合います。全体の印象はモダーン万葉集とでもいう印象となりました。
本のサイズは、縦102㎜、横48㎜です。
DSC07023.JPG

鳩居堂の和紙

鳩居堂の和紙を見ていたら、豆本に使えそうなデザインがありましたので購入しました。和紙のデザインは、大きな柄のものより細かな「江戸小紋」風のものが良い仕上がりになります。今回買った3柄は、いずれも発色が良いので素敵な表紙になるでしょう。制作中の万葉集に使ってみようと考えています。
DSC07018.JPG

お詫び

ブログをお読み頂き、ありがとうございます。
このブログが新スタイルに変わる際、手違いで画像を全部、喪失してしまいました。
あれこれ試してはいるのですが、元へ戻りません。
これまでの写真画像は表示できませんので、ご了承頂きたく、よろしくお願いします。
0

フリマの補助什器

フリーマーケットで豆本を展示する、補助什器を作りました。持ち運びケースに収まるよう、サイズを調整しました。
この補助什器は、楽譜スタンドに乗せて使う予定です。ブースによゆうが有り、なおかつ強い風が吹かない場所での活用を狙っています。ご覧の通り、14冊の展示スペースがあります。豆本以外にも、ジャバラメモを並べることができます。
DSC07007.JPG

書道作品の製本

書道作品が送られてきました。これから製本に入ります。書道用の和紙は、高級になればなるほど「コシ」が無くなりますので、揃えるのが大変です。しかも豆本と違い、縦が33.5cmもある大判です。慎重に端をカットしてノリ面を作り、接着剤で固めて補強紙を貼り、ハードカバーの表紙を付け、更に保管用の箱に入れるのです。DSC07003.JPG


歌集 4タイトル

古典系の歌集が4冊揃いました。百人一首のサイズが77×49㎜です。
フリマに持っていきますと、それぞれに異なる売れ行きを示しますので、興味深いものがあります。
それぞれの買い手の特性を比較してみましょう。

  百人一首・・・一番の売れ筋。最近は小学生の児童も買う。何でも学校で習っているということらしい。
  万葉集・・・・・物珍しさ、話題性で売れる。あまり本は読まないが、記念に買っておこうという人。
  石川啄木・・・・・ファンの人。この本を開いた人の大半は購入。
  奥の細道・・・・・上記3タイトルは女性の購入だが、この本は男性も購入。

他にも古今和歌集、萩原朔太郎などの候補本もあるのですが、まだ製作には到っておりません。折を見てタイトルを増やしたいと考えているところです。
image.png

万葉集の増産

新元号の出展となった万葉集が、一気に注目されました。我がフリマでも、持っていった分が、たちどころに売れてしまいます。先日の相模大野では、開店1時間で5冊を売り切りました。万葉集が売れそうだと分かってはいたのですが、手持ちが5冊しか無かったのです。慌てて増産に励んでいます。
DSC06983.JPG

箱入りの百人一首

156315497691766145404-thumbnail2[1].png最近、百人一首の箱入りが良く売れるようになりました。大きい文字、しおり紐2本付き、特製本仕上げというほかに、木製の箱入りというのが珍しいのでしょう。手持ち豆本の中では一番の高額本なのですが、これが先に売れて行くのです。木製の箱は、作るのに手間がかかります。パーツを切って接着剤で貼り合せ、一日乾燥した後、表面をサンドペーパーで均し、目地止めの砥の粉を塗って乾かし、更に黒色のペイントを塗るのですが、それも二度塗りという手順です。ま、でも紙ばかり扱っていますので、木はフレッシュな気分になるので苦になりません。内側にサインを入れていますが、気付いた人は一様に驚きの声をあげます。箱のサイズは112×70×20㎜です。

ミニ百人一首

春のフリマに向けて、百人一首を増産しています。今はミニタイプに注力しています。取り敢えず14冊を仕上げました。一回のフリマで5~8冊ほど売れますので、これで2回分ということです。
本のサイズは75×43㎜、手のひらサイズとなります。
156315583032825833282-thumbnail2[1].png

クラシックデザインの百人一首

DSC06944.JPGネットで古い本の画像を見ていて、クラシック調の表紙デザインが目に留まりました。表紙の角に色違いの補強紙(?)を貼った古典版です。通常の作り方をして、最後にアクセント的に角を付けるだなので゙、作るのに手間は掛かりません。
柄は無いほうが良いのではないかと思い、赤と黒、色違いを作ってみました。
作ってみて分かったのは、やはり背を黒、表紙部分を赤にした方が見栄えがします。背が赤、表紙部分が黒というのも悪くは無いのですが、どこか落ち着かない感じがするのです。フリマに並べて、どちらが先に売れるか、試して見ます。

豆本 枕草子

新年の作り初めに、枕草子を選びました。初めての制作です。サイズは100×50×20mm、分厚い細長タイプです。
枕草子は多くの段がありますが、その中から良く知られた段を選び出しました。あれやこれや迷っているうちに、ページ数が増えてしまいました。結果、有名な段は納められたと思っています。
画像

この豆本は、手持ちの中で一番厚い一冊となりました。フリマでどんな反応があるか、楽しみです。

モダーン柄の百人一首

フリマでは百人一首が良く売れます。最近は学校で習う生徒もいるらしく、小学生の親御さんたちから買い求めて頂くことが少なくありません。仮名をふっていますというのが決め手となるのです。
この間は3,4年前に作ったミニ版の百人一首を、お守り袋に入れて持ち歩いているという方が見えました。例の通り、「不具合があれば、送料こちら持ちで一生、無償で補修します。但しお客様の一生ではなく、私の一生ですから、それほど長くはありません」というと、笑い出してしまいました。
画像


ジャバラメモ

不思議なもので、このところジャバラメモのご注文を立て続けに頂いております。それはそれで嬉しいのですが、フリマ会場でも相当数が出ますので、なかなか作りだめが効かないのです。この間までせっせと作り、200部以上もストックしたのですが、気が付くと在庫棚が空になってしまいました。25日には文学フリマに出展しますので、ここでも50冊近くは捌ける筈です。
ご依頼される方は、ゆっくり作って構わないとおっしゃるのですが、未納が溜まると落ち着きません。(代金を前金で頂いているのです)。取り敢えず手持ちの分を郵送することにしました。これはフリマでご注文頂いた分で、滋賀県の方へ送って欲しいと言われた20冊分です。4冊ずつ束ねたものが5個、レタ―パックライトにちょうど入ります。
画像

書道作品を製本

書道作品の製本を依頼されました。書道半紙に書いてありますので、30cmを超える巨大本です。(豆本製本者にとって、文庫本より大きなサイズは全て大型本ということになります。)
和紙は接着性が良い反面、紙の腰が弱いので揃えるのに一苦労です。なんとか紙をなだめながらまとめ、一冊の本にしました。
(右側は保管用のケースです)
文字は「孔子廟堂之碑」、全部で2103文字の大作です。個人作品はやり直しが効きません。誤ってカットしたりすると、取り返しがつかないのです。雑に扱うのは問題外ですが、かといって慎重にし過ぎると、思わぬミスに繋がります。個人作品は造る度に緊張を強いられます。
画像

ジャバラ憲法

11月8日にアップしたジャバラ憲法が完成しました。全部で30冊です。後方に10冊ずつゴム輪で留め、残りはバラシてあります。
このジャバラ憲法は、前文、第9条、第96条が載っています。憲法改正論議の中心条文だけを抜粋し、いつでも手元に置けるスタイルとしました。六法全書を持ち歩くのは大変ですが、このメモなら簡単です。因みに重さを測ったところ13g、10円硬貨3枚より軽いのです。サイズは名刺と同じ91×55㎜、全てオーダー品です。
画像